Blog

2017.03.19

アメリカ人アーティスト、二人の展覧会。C.A.P.のメンバー、ポール・ベネエが、TEDに出演したデイナ・ウォルラスの声に感動し一緒に展覧会をすることになりました。デイナは文筆家、アーティストそして人類学者。アルツハイマーの母親、アリスとの回想録「アリスハイマー」など、ユニークな作品を発表しています。

 

====

デイナ・ウォルラス/ポール・ベネエ展「Presence」
2017年4月14日(金)〜30日(日)10:00〜19:00

【関連イベント】
オープニングパーティー
4月15日(土)18:00〜/参加費:無料

 

[アーティストプロフィール]


デイナ・ウォルラス    Dana Walrath
アーティストで人類学者のデーナ・ウォルラスは、医大の授業で物語を援用したことをきっかけに文筆活動もはじめた。研究者としてアルメニア滞在中に執筆した受賞作「Like Water on Stone」、そしてアルツハイマーの母、アリスとの回想を物語にしたグラフィック作品「アリスハイマー」など、ユニークな作品が多い。彼女の物語の魅力についてはYoutubeでTEDでのトークを聞いていただきたい。デーナ・ウォルラスはカナディアンアカデミーのレジデンスアーティストとして来日する。

A writer, artist and anthropologist, Dana Walrath, likes to cross borders and disciplines with her work. After years of using stories to teach medical students at University of Vermont’s College of Medicine, she turned to writing her own. Her award-winning verse novel, Like Water on Stone, was completed during the year she spent as a Fulbright Scholar in Armenia. Her graphic memoir series, Aliceheimer’s has brought her throughout North America and Eurasia to speak about the role of comics in healing including talks at TEDx Battenkill and TEDx Yerevan. Her recent essays have appeared in Slate and Foreign Policy magazines.

Dana Walrath is currently an Artist in Residence at Canadian Academy.

 

 


ポール・ベネエ    Paul Venet

ポール・ベネエは、C.A.P.メンバー、そしてカナディアンアカデミー(神戸)のアーティストインレジデンスプログラムのディレクターでアーティスト。物語を語るデイナをYoutubeで見て感銘を受けたことから、彼女を招聘することになり今回の展覧会を企画した。ポール自身も写真やドローイング、ビデオなど様々な表現方法をもつアーティストで、今回は「大阪スイート」コレクションから新作ドローイングを展示する。

Paul Venet is an artist, CAP member and Director of Artist in Residence Program at Canadian Academy. He will be exhibiting new drawings from the collection, Osaka Suite.

KOBE STUDIO Y3とは

KOBE STUDIO Y3は、神戸市立海外移住と文化の交流センターでC.A.P.が運営するアートプロジェクトです。
ここでは、様々なアーティストがスタジオのドアを開け、活動を公開しています。またこのスタジオのアーティストたちを中心に、ワークショップや展覧会などのプログラムも実施しています。
ぜひお気軽にご参加下さい。

C.A.P.に関してはこちら

お問い合わせ

C.A.P.(芸術と計画会議)
〒650-0003
神戸市中央区山本通3-19-8
神戸市立海外移住と文化の交流センター内
phone+fax 078-222-1003
info@cap-kobe.com
10:00-19:00
(月曜休み)
map

メールニュース

購読を希望される方は下記フォームより登録ください。
お名前
Mail
※配信停止をご希望の方はメールニュース本文に記載されたURLよりお手続きください。