Blog

2016.01.29

KOBE STUDIO Y3では、現在11人のアーティストが公開制作を行っています。
春のオープンスタジオ2016では、それぞれの仕事場で、アーティストが自分の仕事を紹介します。

ひとつひとつの部屋で生み出される、自分だけの輝く星。
11の星が結ばれるとき、そこにはどんなかたちの星座が生まれるでしょうか。
ぜひ、作品とアーティストに会いにきてください。

 

=========================
KOBE STUDIO Y3  春のオープンスタジオ 2016

日時:2016年3月18日(金)~27日(日) 10:00~19:00
*22日(火)は休館、最終日は17時まで
*20日(日)と27日(日)は全ての作家がスタジオでお待ちしています

参加アーティスト:11名
浦田さおり/川口奈々子/倉富泰子/酒田理恵/篠島紗恵子/柴山水咲/Hisako Hanioka/藤川怜子/増成実/森田優希子/矢野衣美

パーティー:3月27日(日) 15:00より/参加無料/予約不要

会場:KOBE STUDIO Y3(650-0003 神戸市中央区山本通3-19-8海外移住と文化の交流センター内)


主催/問合せ:C.A.P.(特定非営利活動法人 芸術と計画会議)

住所:650-0003 神戸市中央区山本通3-19-8 海外移住と文化の交流センター内
tel&fax:078-222-1003 (10:00-19:00 月曜休館)
info@cap-kobe.com
http://www.cap-kobe.com/

=====
■本企画はKAVC×CAP×KIITO 3館連携企画「Marching KOBE」に参加しています。
詳細はMarching KOBE公式HPよりどうぞ!

ーーーーーーーーーーーー

【スタジオアーティスト】

160318yano矢野衣美/やのえみ スタジオ#402
私は光と空間とものの関係を慎重に観察し、目で「みること・とらえたもの」は何なのかを油絵の作品を通して考えています。
今回の展示では油絵の他に、初めてドローイングと立体作品を展示したいと思います。
*京都府長岡京市生まれ、京都市育ち。
2011年成安造形大学 洋画クラス卒業
2012年成安造形大学 洋画クラス研究生修了
2015年兵庫県展大賞、県民賞

 

 

 

浦田さおり/うらたさおり スタジオ#403
「子どものための芸術」をテーマに、「猫の事務所」の挿絵を描いています。また、故郷の安曇野の山を描き始めています。一から自分の本を作るため、製本の作業も行っています。
未完成な自分の作品制作への模索と反復です。

 

 

 

 

 

 

酒田理恵/さかたりえ スタジオ#404
生身の存在と私を分かつモニターの平面を、絵画の構造と重ね合わせながら絵を描いています。
けれど、たくさんの選択肢から任意に選択された結果が作品で、その表面以外に限定されたメッセージはありません。
*略歴
1983年大阪生まれ。
大阪府立港南高校モダンクラフト科卒業、大阪芸術大学工芸学科陶芸コース卒業。

 

 

 

 

 

160318HaniokaHisako Hanioka/はにおかひさこ スタジオ#405
「私と蝶々の世界」をテーマに、主に多彩な色を駆使した平面絵画を制作しています。蝶々は、私達の人生の中で、出会い別れゆく命です。
今回は、このテーマで「香り」の開発にも挑戦し、アトリエを蝶々まみれにします。
*略歴
1981年生まれ、Gallery Vie 絵話塾 デッサンコース・イラストコース卒業。
Gallery Vie・北神急行電鉄谷上駅ドームギャラリーにて個展開催。
アーツ・コミュニケーション・ラボ「新月の願い事ワークショップ」イラストレーションなど。

 

 

 

増成実/ますなりまこと スタジオ#406
「様々な角度からアートを表現」をテーマに、広く浅く時には深く考えながら、絵画作品を中心に制作しています。
アートとは何かを見つめ直し、現在は主に油絵具を使って新しい作品を生み出しています。
*略歴
1993年神戸生まれ。
2016年神戸芸術工科大学クラフト・美術絵画コース卒業予定。

 

 

 

 

倉富泰子/くらとみやすこ スタジオ#407
生きているということ。それは一体何なのだろうか。豚、牛、鶏。彼らの消費される命と私の命。その違いは何なのだろうか。
とても他人のようには思えず、彼らを見つめる私の視点を木彫作品にしています。
*略歴
1988年 沖縄県生まれ
2014年 沖縄県立芸術大学大学院 環境造形研究科彫刻専修 終了

 

 

 

 

160318shibayama柴山水咲/しばやまみさき スタジオ#408
喪失することや流れゆくことに、人がどのように相対するのかをテーマに、絵画や文章を制作し、この部屋からそれを拡散させます。
答えを提示することはできないのだ、という私の態度が表れた部屋にします。
*略歴
1988年 滋賀県近江八幡市生まれ
2011年 京都造形芸術大学 美術工芸学科 洋画コース 卒業
2013年 京都造形芸術大学大学院 修士課程 芸術表現専攻 修了

 

 

 

 

篠島紗恵子/しのじまさえこ スタジオ#409
「我が子」や「木」など、自分にとって好きなもの、大切なものを絵に描いています。
そのほかには、誰かが来て一緒に絵を描いたり、工作などをしたりする場所としても、このスタジオを活用しています。
*略歴
1984年 札幌出身
2007年 東京藝術大学美術学部絵画科油画専攻 卒業

 

 

 

160318森田優希子

森田優希子/もりたゆきこ スタジオ#410
食べ物を大量に作っていると、ふと「食べ物」が「もの」になる瞬間がある。食べること。楽しむこと。理解すること。それらの感覚をミックスして、「消費」する。
会期中、作品のテイスティングワークショップも行います。(3/27を予定)
*略歴
2008年 京都市立芸術大学美術学部版画学科卒業
2008~2015年 株式会社京都西川 企画デザイン室勤務

 

 

 

 

160318fujikawa藤川怜子/ふじかわさとこ スタジオ#411
自分の顔にできる「できもの」を、木炭や鉛筆、ペンなどモノクロームの素材を使い、白い紙やキャンバスに大きく細密に描いています。
それらは自画像であり、まるで自分の内面を投影しているかのようです。
*略歴
1983年神戸生まれ。
2007年京都精華大学立体造形コース卒業。
2002年の西宮大谷美術館で開催されたaudio picnicに参加し、現代美術作家を目指すようになる。
2007年より、CAP[芸術と計画会議]正会員

 

 

 

 

 

160318kawaguchi川口奈々子/かわぐちななこ スタジオ#412
記憶や思い入れのある品々の絵を描き、よく乾かすと、感情が凝縮されたようなドローイング、「乙女心の干物」ができあがります。
「Sweets Violence」は、可愛いお菓子達の知らない一面が垣間見えるドローイングです。
*略歴
2002年 京都市立芸術大学美術学部美術科油画専攻卒業
2003年 京都市立芸術大学大学院美術研究科修士課程絵画専攻油画 入学
2003年 Royal college of ART London 交換留学(4ヶ月)
2005年 京都市立芸術大学大学院 修了
2012-2013年 Middlesex University (UK) MFA, 修了

 

 

 

KOBE STUDIO Y3とは

KOBE STUDIO Y3は、神戸市立海外移住と文化の交流センターでC.A.P.が運営するアートプロジェクトです。
ここでは、様々なアーティストがスタジオのドアを開け、活動を公開しています。またこのスタジオのアーティストたちを中心に、ワークショップや展覧会などのプログラムも実施しています。
ぜひお気軽にご参加下さい。

C.A.P.に関してはこちら

お問い合わせ

C.A.P.(芸術と計画会議)
〒650-0003
神戸市中央区山本通3-19-8
神戸市立海外移住と文化の交流センター内
phone+fax 078-222-1003
info@cap-kobe.com
10:00-19:00
(月曜休み)
map

メールニュース

購読を希望される方は下記フォームより登録ください。
お名前
メールアドレス
※配信停止をご希望の方はメールニュース本文に記載されたURLよりお手続きください。