Blog

2018.11.10

この展覧会はY3のClay Studioに積まれているたくさんの再生待ちの粘土を使って何かしたいねというところからスタートしました。会期は戌年の12月。いろいろな方をお誘いして、それぞれの人にとっての狛犬やシーサーみたいな守り神のような、なにかおめでたい展覧会にしてはどうだろう。再生粘土を作るところから、約一年間をかけて準備した展覧会です。是非、御覧くださいませ。

 

====
グループ展「Hello happiness, bye-bye sadness」
2018年12月8日(土)〜23日(日祝)10:00〜19:00
最終日は17時まで/月曜休館

出品者:植田麻由、上村亮太、金井和歌子、嘉納雅子、河原安紀子、芸林晶子、高朝子、椎名観生、島村薫、杉山知子、田岡和也、高澤ナホ、田中佐和子、殿浦伸明、成生恵、西沢侑佑子、まえしま須美、松波曜子、マスダマキコ、三木陽子、村山まりあ、山村幸則、劉長煒、劉逸偉、Simon Everington、JOE(+HISA)、Emily shiell

<関連イベント>
JOEのパフォーマンスとオープニングパーティー
12月8日(土)17:00〜/参加費:無料

KOBE STUDIO Y3とは

KOBE STUDIO Y3は、神戸市立海外移住と文化の交流センターでC.A.P.が運営するアートプロジェクトです。
ここでは、様々なアーティストがスタジオのドアを開け、活動を公開しています。またこのスタジオのアーティストたちを中心に、ワークショップや展覧会などのプログラムも実施しています。
ぜひお気軽にご参加下さい。

C.A.P.に関してはこちら

お問い合わせ

C.A.P.(芸術と計画会議)
〒650-0003
神戸市中央区山本通3-19-8
神戸市立海外移住と文化の交流センター内
phone+fax 078-222-1003
info@cap-kobe.com
10:00-19:00
(月曜休み)
map

メールニュース

購読を希望される方は下記フォームより登録ください。
お名前
メールアドレス
※配信停止をご希望の方はメールニュース本文に記載されたURLよりお手続きください。