Blog

2019.06.11

仕事、料理、音楽――どのようなものであっても成果は道具の良し悪しによって左右されるものです。なかでも、東洋の伝統的な芸術、「書画」は、道具に左右されやすいもの。この講座では筆・墨・硯・紙の文房四宝を中心に、画材がどのような影響を表現に与えるのか、実例をもとにご紹介します。書画だけでなく、様々な芸術分野の制作と鑑賞に役立つ90分です。

 

====
破墨プロジェクトstudyシリーズ.7「書画芸術を支えるもの―文房四宝の底力―」【7月10日(水)までに要予約】
2019年7月12日(金)18:30〜20:00

講師:村田隆志(大阪国際大学准教授)
参加費:2,000円

 

講師プロフィール:神戸生まれ。学習院大学大学院で日本近世・近代美術史を学び、 相国寺承天閣美術館学芸員を経て、現在、 大阪国際大学国際教養学部准教授、筆の里振興事業団(筆の里工房)特別研究員、日本水墨画美術協会理事。 専門は近代南画と現代水墨画研究、 毛筆の書画表現への影響について。フリーキュレーターとして、 展覧会も積極的に手掛けており「大橋翠石 日本一の虎の画家」「没後50年 松林桂月」「丹波と芋銭」などを担当。

主催・企画/ 山下和也(SunSui.) 破墨プロジェクト
共催/ C.A.P.(芸術と計画会議)
協賛/ 株式会社 墨運堂

KOBE STUDIO Y3とは

KOBE STUDIO Y3は、神戸市立海外移住と文化の交流センターでC.A.P.が運営するアートプロジェクトです。
ここでは、様々なアーティストがスタジオのドアを開け、活動を公開しています。またこのスタジオのアーティストたちを中心に、ワークショップや展覧会などのプログラムも実施しています。
ぜひお気軽にご参加下さい。

C.A.P.に関してはこちら

お問い合わせ

C.A.P.(芸術と計画会議)
〒650-0003
神戸市中央区山本通3-19-8
神戸市立海外移住と文化の交流センター内
phone+fax 078-222-1003
info@cap-kobe.com
10:00-19:00
(月曜休み)
map

メールニュース

購読を希望される方は下記フォームより登録ください。
お名前
メールアドレス
※配信停止をご希望の方はメールニュース本文に記載されたURLよりお手続きください。