Blog

2019.11.02

 

 

 

今日も、とても良いお天気。どこまでも続く青空、ハイキング日和です。こんな行楽日和の日でも、Y3に制作しにやって来るのです。ああー、ハイキング行きたいなあー。
今日の僕の制作は、ブローチの本焼き、その他諸々です。

そして、今日から「神戸文化祭」が始まります。今年は今までで最多のフラッガーの方が参加していますよ。そして、このY3にもフラッガーのイベントが催されます。そのひとつ「スケッチブック展」も今日から開催です。

 

 


急ピッチで会場設営中。壁やテーブルの上に、様々なスケッチが所狭しと展示されていきます。そして、ここでは「Clay Studio」の有志もセラミック作品とそのアイデアスケッチなどを展示しています。

Clay Studio 金井さんの作品。

 

Clay Studio  須美さんの作品

 

そして、急ピッチで「神戸文化祭スタンプラリー景品交換所」の看板も作らねば・・、ということで、館長下田さんが達筆で製作中です。

 

そして4Fでは、「星の王子さまへ」が始まりました。川口さんは、インスタレーションの微調整です。

 

 

 

そして、植松君が写真撮影に訪れました。

植松くん、久しぶりー。

MacBookは、そういう風に置くんですね。かっこいいー。

 

 

慌ただしくしているうちに、あっという間にランチの時間です。今日は「スケッチブック展」の方々も一緒にランチです。60代オーバーの人達が多く、いつもより、かなり年齢層高めです。俳句の話などに花が咲きました。なにか、親戚のおじさんたちが集まったような、そんな感じのランチの時間でした。

 

 

 

そして、僕は別館へ。今日は櫻井さん、お休みかな。いつ見ても制作状況は変わっていて楽しいですね。

そして、これは!。なんと、12月の「私と私たち展」に披露される予定の、僕と櫻井さんとのパフォーマンスのアイデアメモではありませんかあ!!。乞うご期待ですうう!。

 

 

 

そして今日も、Clay Studioメンバーは、黙々とロクロを回して制作しているのです。シュルシュル・・。

これは何かと言うと、ロクロで回しながらドライヤーを当てている所です。こうすると粘土が乾燥して削りやすくなるそうですよ。

僕は、ブローチを窯で焼成しつつ、新しいブローチを成形し、その合間に「Coverd CAR」の制作。これは、車にカバーがかかっているところを粘土で作っています。

 

 

 

 

夜になると、「星の王子さまへ」展のトークが始まりました。たくさんの人が参加されていましたよ。熱気があふれていますね。
それぞれの作家の新しい試みの話があったり、和気藹々としたトークだったとのことです。どうも、ありがとうございました。

上村亮太

KOBE STUDIO Y3とは

KOBE STUDIO Y3は、神戸市立海外移住と文化の交流センターでC.A.P.が運営するアートプロジェクトです。
ここでは、様々なアーティストがスタジオのドアを開け、活動を公開しています。またこのスタジオのアーティストたちを中心に、ワークショップや展覧会などのプログラムも実施しています。
ぜひお気軽にご参加下さい。

C.A.P.に関してはこちら

お問い合わせ

C.A.P.(芸術と計画会議)
〒650-0003
神戸市中央区山本通3-19-8
神戸市立海外移住と文化の交流センター内
phone+fax 078-222-1003
info@cap-kobe.com
10:00-19:00
(月曜休み)
map

メールニュース

購読を希望される方は下記フォームより登録ください。
お名前
メールアドレス
※配信停止をご希望の方はメールニュース本文に記載されたURLよりお手続きください。