Blog

2020.02.24

 

 

 

今日はお昼過ぎからY3に行きました。別館の陶芸工房で棚の整理をしたり、粘土の成形をしたり・・。

今日のランチのテーブルも大人数仕様。写真に撮りずらいですね。今日は何の話をしたっけ。そうそう、築山君が小1から小5までピアノを習っていた事とか、いろいろ。

新型コロナウイルスも、じわじわと忍び寄ってきました。関西でも中止、延期になるイベントが増えてきました。果たして、どういう事になっていくのでしょうか。なかなか難しいですね。

 

 

 

午後2時半からは、「公開プレゼンテーション」といって、来季のスタジオ使用希望者のプレゼン提示が始まりました。来季はどんな人がスタジオで活動するのでしょうか。Y3のスタジオは、年齢制限もなく、キャリアも問われません。誰でもプレゼンすることが出来ますので、Y3のスタジオ使ってみたいなあ、という方は是非、チャレンジしてみてくださいね。

 

 

 

別館の櫻井君の制作途中。窓からの日差しが当たっていました。

 

 

 

陶芸工房では、今日もクレイスタジオのメンバーが5人ほど制作されていました。ロクロをひいたり、窯づめしたり、いろいろなものを作られていました。これから、ますます賑やかなになっていく事でしょう。

 

今日で、僕の「Y3と私」は最後にしようと思っています。昨年の10月頃からの短い間でしたが、どうも、ありがとうございました。

上村亮太

KOBE STUDIO Y3とは

KOBE STUDIO Y3は、神戸市立海外移住と文化の交流センターでC.A.P.が運営するアートプロジェクトです。
ここでは、様々なアーティストがスタジオのドアを開け、活動を公開しています。またこのスタジオのアーティストたちを中心に、ワークショップや展覧会などのプログラムも実施しています。
ぜひお気軽にご参加下さい。

C.A.P.に関してはこちら

お問い合わせ

C.A.P.(芸術と計画会議)
〒650-0003
神戸市中央区山本通3-19-8
神戸市立海外移住と文化の交流センター内
phone+fax 078-222-1003
info@cap-kobe.com
10:00-19:00
(月曜休み)
map

メールニュース

購読を希望される方は下記フォームより登録ください。
お名前
メールアドレス
※配信停止をご希望の方はメールニュース本文に記載されたURLよりお手続きください。