Blog

2020.11.19

今年、C.A.P.には新しい仲間が増えコロナの影響もかいくぐってみんな勝手に交流を深めています。C.A.P.の新旧メンバー4人が開催する「歳末ルンルン」、会場は新メンバー吉澤佑樹が作ったギャラリーサイハテ。この展覧会、面白そうなので話を聞いてみました。(聴き手:下田展久)

下田)吉澤くんは何を期待してC.A.P.に来たの?
吉澤)「出逢い」ですかね。神戸のアーティストと普通に交流できる場はないか、というのがきっかけです。
下田)でもコロナでY3も閉館になったりしたけど?
吉澤)今、工作棟で築山さんには世話になりっぱなしだけどアットホームで居心地が良いです。
下田)築山くんはどう思った?
築山)よく働く若者だと思ったんです。でもスタジオアーティストを決めるプレゼンでは話が長くて途中で切られたよね。プレゼン下手だけど、ギャラリーは作るし作品も発表する。そういうところはいいなと思いました。
川口)吉澤くんは誰に聞いてやって来たの?
吉澤)別の施設でイベントカレンダーを見て飛び込んだんです。
川口)えー!誰かの紹介じゃないんだあ。へえ~
築山)そういうところが若い頃の自分と似てるんですよ。なんにも考えずにとりあえずやってみる、みたいな。
川口)知り合いを通してやってくる人が多い気がするけど、いきなり来てなに?ミーティング出たりして、もうだいぶ前からいるような気がしてたわ。
吉澤)ちょうど1年前くらいでしょうか。
川口)そうかあ。ああ、でも六甲イカスヴィラではカビ取りもしてたね。でもなんで自分の作品出さへんのかなと思ってた。「出せたら出します」みたいなこと言って。そうそうだんだん思い出してきたわ。
吉澤)はじめちょっと様子見してました。
川口)いろいろやってくれてたんだね。そうそう20代で土木の技術もあって、ははは、即戦力みたいな。まあ私もスタジオ探してたら尋ねたかもしれないけど、いきなりイベントの手伝いまではしないわね。
吉澤)確かにそう言われるとそうですね。
築山)吉澤くんは言えばなんでもやってくれるんですよ。「棒人間五体!待ってるで」っていえば作ってくれるし。
吉澤)けど途中で築山さんに棒人間10体作れと言われた時は絶望しました。
下田)「歳末ルンルン」は誰が最初に言い出したの?
川口、吉澤)築山さんですかね。
下田)きっかけは?
築山)オシオセンセ(吉澤)がこのコロナ渦でまだ手放さずにギャラリーをやってるっていう。C.A.P.にはアーティストがいるし。あと商店街なんで全然違った経験ができるんじゃないかってのとぼくの家から近い。思いついたらぱっとやってみることができるのは重要ですよね。それは吉澤くんの得意技なんでね。
下田)この4人はどうして?
築山)類くん(櫻井)とは組んで面白かった、吉澤くんはオーナー。女性もと思ったら、See Saw Seedsも参加してるグッさん(川口)おるやんって思って。コマーシャルギャラリーでも美術館でもない、それを楽しんでちゃんとできるメンバー。
川口)実際ハンドメイドでDM作ったり。たのしいなあ。
築山)ティッシュに入れたチラシも「すごいアイデアやなあ!」って。単にティッシュが欲しいって人もいたけど。
川口)下見の時に「商店街だし普通のDMじゃないよね」となって、わたしが「ティッシュ?」とか言って決まっちゃったんだよね。いざ作る時に、「本気でティッシュでいいんですか?」とか聞いたりして。
下田)オーナーだが最年少の吉澤くんとしては、どう思ったの?
吉澤)最初に築山さんがなんか面白い展示やらないかと言ってくれて考えてたんですが、ぼくでいいのかという気持ちもありました。
下田)ではそれほど不本意ではなかった?
吉澤)期待以上でした。こんなメンバーが来てくれるのか!と。正直、商店街でぼくができることには限界があって、この企画は商店街にも自分たちにも良い刺激だと思います。
築山)「歳末ルンルン」はグッさんが付けた名前でしょ?
川口)いや、わたしは最初「サイハテルンルン」と言ってたの。その後のやりとりで「歳末ルンルン」になったのよ。
吉澤)そうそう。
築山)今年はコロナでいろいろありましたけど、最後はなんかルンルンで終われる年にしたいなー。
下田)ところで最後に、この展覧会はどんなものになるんですか?
みんな)うーん、、うーん、、、
築山)商店街なんで気軽に買えるよな物も用意したいとか。
川口)そうそうグッズつくろうって言ってたよね。
吉澤)今度のミーティングで。。。
川口)あ、法被作ろうとかも言ってた。商店街やし、法被作ろうや、って言ってたよね。
築山)スピードくじとかやりたい。
吉澤)今度のミーティングで決めましょう。
築山)今回実験です。これが盛り上がったら来年は、もっとC.A.P.のいろんな人がどんどんサイハテでやってもいいよね。そのためには軽い思いつきでも一回やってみることが大事だよね。

======
「歳末ルンルン」
川口奈々子/櫻井類/築山有城/吉澤佑樹

2020年12月11日(金)~12月20日(日)11:00-19:00
会場:ギャラリーサイハテ 神戸市灘区篠原南町6-2-2
https://gallerysaihate.site

KOBE STUDIO Y3とは

KOBE STUDIO Y3は、神戸市立海外移住と文化の交流センターでC.A.P.が運営するアートプロジェクトです。
ここでは、様々なアーティストがスタジオのドアを開け、活動を公開しています。またこのスタジオのアーティストたちを中心に、ワークショップや展覧会などのプログラムも実施しています。
ぜひお気軽にご参加下さい。

C.A.P.に関してはこちら

お問い合わせ

C.A.P.(芸術と計画会議)
〒650-0003
神戸市中央区山本通3-19-8
神戸市立海外移住と文化の交流センター内
phone+fax 078-222-1003
info@cap-kobe.com
10:00-19:00
(月曜休み)
map

メールニュース

購読を希望される方は下記フォームより登録ください。
お名前
メールアドレス
※配信停止をご希望の方はメールニュース本文に記載されたURLよりお手続きください。