CAP HOUSEロゴ

●11:00〜20:00/火曜日休館 ●〒650-0003 神戸市中央区山本通3丁目19-8 ●caphouse@cap-kobe.com ●TEL,FAX 078-230-8707

home CAP HOUSEとは これから これまで CAP STUDY かんりにん日誌 tayori メンバーシップ


アクセス お問い合わせ 特定非営利活動法人「芸術と計画会議(C.A.P.)」

2003年12月15日

お知らせ&ついに!

昨日は楽しかったなあ。

今日は普通に一日が過ぎていきました。

昨日風邪をひいて残念ながらクリスマス会に来れなかった高濱さんが、まだ風邪をひきずったままいらっしゃいました。「鼻水がとまらないんですー」と、とてもしんどそうでした。早く治るとよいですね。こないだぶっちから菌をもらった私と下田さんは、とりあえず風邪から復活。でもまだまだ油断はできませぬ。

クリスマス会が終わった次は、(ずっと公表していませんでしたが、)26日のあがた森魚さんのコンサートとトークイベントの準備に取りかからなくてはいけません。
その予約は以下アドレスから予約できますので、ぜひどうぞ。
http://www.cap-kobe.com/house/agata/
半分プライベートなイベントのため、CAP HOUSEのホームページからはリンクは貼っていませんのであしからず。とか言いながら、実は今日発売の情報誌にはしっかりと載っているのですが…。
年末さいごの最後まで、CAPはもりだくさんなのであります。

大食いで知られるサコがやってきて、私がお昼ご飯に炊いた炊き込みご飯の残り(約1.5合)と昨日のパエリアの残り(お皿山盛り)を全部食べてしまいました。彼女は、一日一回は胃が苦しくなるまで食べないと気が済まないそうです。実は夏にCAP HOUSEに来てからすでに5kgも体重増加したそう。なんてこった。

夜、事務所で仕事していると、CAFEの方から「ガシャーン」という音。ああ、何か割ったな。と思っているとサコがやってきて、「あのいつも使ってる大きいポット、あれって大事なん?」と聞いてきました。行ってみると、鳴海さんが柱から半分顔をだして、こっちをじっと見ています。あ、あ!ついにやったな〜!
CAP HOUSEにずーーっとある、大人数にお茶をいれるのに最適な紫色のポット、すごく愛用してきたポット。この蓋を落として割ったのです!鳴海さんが!
下田さんに聞くと、C.A.P.ができた頃からずーっと使われてきたものだそうな。来年C.A.P.は10周年だから、10年も使っているのかぁ。茶渋で汚れては漂白して使ってきた、それはそれは大事に使っていたのにな。
代わりのものを探してくる!と鳴海さんは言ってましたが、さてはて、同じようなポットは見つかるのでしょうか?

投稿者 lina : 2003年12月15日 19:55